悪魔の実 個別

オペオペの実の能力と技とエピソード

更新日:


(画像引用:67巻 661話〝追剥の出る湖〟)
 

●能力者:トラファルガー・D・ワーテル・ロー
●二つ名:死の外科医
●年 齢:26歳 ← 24歳
●身 長:191cm
●誕生日:10月6日
●血液型:F型(B型)
●出 身:北の海(ノースブルー)フレバンス
●所 属:ハートの海賊団(船長)
   元)王下七武海
   元)ドンキホーテファミリー
●懸賞金:5億ベリー
     ← 4億4000万ベリー
     ← 2億ベリー

オペオペの実の特徴

  • 自身の作ったサークル内のものは手術台の患者のように思いのまま
  • 出血も痛みもなく対象者を斬り刻める
  • 出血も痛みもなく対象者の臓器を抜き取れる
  • 人格の移植術を行える
  • 使用するほどに体力を消耗し、使える能力に限りがある
  • サークルの大きさも自由自在だが、大きいほど体力の消耗は激しい
  • 能力を活用するには医療知識が多いほど有効
  • 才気ある者ならば永遠の命を与える「不老手術」を能力者自身の命と引き換えに行うことができる

オペオペの実の能力を使ったローの技

ROOM(ルーム)

オペオペの能力を発動させる基本の技。

オペオペの実の能力者ローが作った円(サークル)内を支配し自在に執刀する。

サークル内でローは度々、妖刀〝鬼哭〟にて敵を斬りまくるが、斬られた相手は体が分断されても痛くも痒くもなくダメージはない。
斬られたところは綺麗に分断され、例えば首を斬られれば、生首状態で意識もあるし、しゃべることもできる。
また、斬り離された体の各部位も動くことができ、また感覚も繋がっている。

なお、切り離された体は誰でもくっ付けることも可能なようだが、別人の体、または本来ついていた場所ではないところ、あるいは物など、なんでもくっ付いてしまう。
(52巻 504話〝海賊前線移動中〟参照)

サークルの大きさは自在だが、オペオペの能力を知っている者にROOM内であることは悟られないほどの大きなROOMを張り続けるには、多少の命を削ることとなる。
(78巻 781話〝本懐〟参照)

シャンブルズ

サークル内であらゆるものを自在に入れ替えることが出来る。
例えば撃たれた砲弾と、斬った生首を入れ替えるなど正に自由自在。

左手の親指、人指し指、中指を立て、捻ることで対象物が入れ替わる。
(52巻 504話〝海賊前線移動中〟参照)

タクト

サークル内のあらゆるものを自在に浮かしたり、動かすことができる。
それは例え軍艦のような巨大なものでも。

人指し指を下から上に動かすことで浮き、横に動かせば横に動く。
また、開いた指を握れば、対象物に一気に降り注ぐ。
(67巻 660話〝王下七武海〟トラファルガー・ロー参照)

シャンブルズ(人格)

刀で心臓部分を突き、ハート型の魂?を体外に放出、2人以上に施すことで、そのハートをシャンブルズで入れ替えることで、人格を別人と入れ替えることが出来る。

作中ではこれにより、ナミがフランキーに、フランキーがチョッパーに、チョッパーがサンジに、サンジがナミになり、後にナミの人格はサンジに入っている。
スモーカーとたしぎも入れ替えられている。
(67巻 661話〝追剥の出る湖〟参照)

後にドフラミンゴの口から〝人格の移植手術〟という言葉が出てくるが、この技の事であることは間違いない。
(76巻 761話〝オペオペの実〟参照)

スポンサーリンク

スキャン

妖刀〝鬼哭〟の柄を上にし、横にスライドさせることで、サークル内をスキャンして目的物を探し出し、それを奪い取ることが出来る。
(67巻 661話〝追剥の出る湖〟参照)

メス

心臓を素手でひと突き、心臓を体からくり抜く。
くり抜かれた心臓は立方体でゼリー状、心臓を抜かれた胸には四角い穴がポッカリと開く。

心臓をくり抜かれても命に別状はないが、抜かれた心臓を潰されれば当然に本人は死ぬこととなる。
(67巻 662話〝七武海ロー vs. スモーカー中将〟参照)

ちなみにローは、この技で海賊の心臓を100個海軍本部に届け、七武海になっている。
(67巻 659話〝胴体の話〟参照)

カウンターショック

心臓部分を電気刺激する。
治療目的ではなく敵を倒す目的で。
(67巻 667話〝COOL FIGH〟参照)

ラジオナイフ

サークル内の敵を斬る刻む技だが、普段の切断とは切り口が違い、数分の間、いかなる処置でも能力でも体を接合することが出来ないのが特徴。
(76巻 759話〝秘策〟参照)

注射(インジェクション)ショット

ライフルのスコープで狙いすますように標的を捕らえ、そこを刀の切っ先で突いて貫く。
(76巻 760話〝同じ賭け〟参照)

不老手術

作中では話に出てきただけだが、才気ある者が使用すれば、人に〝永遠の命〟を与える「不老手術」を行える。

永遠の命は古来よりの人類の夢でもあり、オペオペの実を〝究極の悪魔の実〟と呼ぶ者も少なくない。
ただ、「不老手術」をやれば能力者当人は命を失ってしまう。
(76巻 761話〝オペオペの実〟参照)

ガンマナイフ

対象者を体内から破壊する手術。
もう少し詳しく言えば、外傷なく内臓を破壊する技。
(78巻 781話〝本懐〟参照)

死の刀(ステルベン)

「ステルベン」とは医療用語で死亡すること。

そしてローの死の刀(ステルベン)は、自身の切り取られた右腕で妖刀〝鬼哭〟を持ち、その切れた腕を縦回転させてトレーボルを斬りつけた。

作中ではドフィに切断された右腕だったが、それが例え他の部位であったとしても、その斬り離された部位を利用した攻撃であればステルベンなのだろう。
(78巻 782話〝悪のカリスマ〟参照)
 
 

 

オペオペの実エピソード

ローはドフラミンゴファミリーに入った10才の頃は余命3年と2ヶ月でしたが、2年後、ローが〝Dの一族〟であることを知ったコラさんがローを連れ出し、珀鉛病を治すため病院巡りの旅に出ます。
(76巻 761話〝オペオペの実〟参照)

しかし、どの医者も治すどころか、中毒なので感染らない病気であるにもかかわらず、感染るからと治療どころか排除しようとし、全く役に立ちません。
(77巻 764話〝ホワイトモンスター〟参照)

そんな中、オペオペの実の情報をドフィから聞いたコラソンは、周囲を出し抜いてそれをローに食べさせることにします。
そして見事に実現し、オペオペの実の能力者ローが誕生したのでした。
(77巻 766話〝スマイル〟参照)

その後、医療知識豊富なローは自らの体を手術し、不治の病であった珀鉛病を治したのでしょう。
 

さて、オペオペの実の能力はどんなものかは、このスモーカーのセリフが一言でしっかりと言い表しています。
「ローの作った円内にいる間は手術台にのせられた患者だと思え!! ここは〝手術室〟 奴はこの空間を完全に支配し執刀する〝死の外科医〟だ!!!」
(67巻 661話〝追剥の出る湖〟セリフ引用)

中でも特徴的な能力が、外傷を与えずに心臓などの臓器を取り出すことと、人格移植術でしょう。

しかし、オペオペの実で最上の業(ワザ)は人に永遠の命を与える「不老手術」。
例えオペオペの能力者であっても才気ある者でなければ使えないようですが、ローは間違いなく才気ある者です。

今後、この不老手術も大きくクローズアップされそうですね。
 

オペオペの実の果実と色と形

数は少ないですが、作中に悪魔の実の果実自体が描かれていることがあります。

その1つが、ローが12歳の頃にコラさんに食べさせてもらったオペオペの実。

オペオペの実は一目でそれと分かるハート型で色は赤色。
リンゴのようなヘタが付いています。
 

-悪魔の実 個別

Copyright© ONE PIECE 悪魔の実とかのINDEX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.