ロロノア・ゾロが使ってきた名刀一覧

投稿日:

(画像引用:43巻 417話〝阿修羅〟)

世界に数ある刀(剣・槍等)の中で名工達の作った武器を業物と呼びます。

業物には位列があり、上から最上大業物12工、大業物21工、良業物50工、そして業物と続きます。

そしてゾロが今、腰にしているものは、大業物2工に業物1工です。

ここで、三刀流の剣士ロロノア・ゾロが、今までに使ってきた名刀を全てご紹介しましょう。

●ゾロの技を知りたい方は、コチラをご覧ください。
ゾロの技一覧【登場順】全て紹介します

和道一文字(わどういちもんじ)

●初登場 :1巻 5話〝海賊王と大剣豪〟
●入 手 :1巻 5話〝海賊王と大剣豪〟
●名称発覚:11巻 97話〝三代鬼徹〟
●作者発覚:955話〝閻魔
●作 者 :霜月 コウ三郎
●位 列 :大業物
●持ち主 :ゾロ ← くいな ← コウシロウ ← 霜月コウ三郎

●解 説 
刃は直刃、造りは白塗鞘太刀拵の大技物21工の一振り
売ると1000万ベリーは下らないらしいが、1000万は正直安すぎ
ゾロのライバルであり親友であったくいなの形見の刀
元の持ち主くいなとの戦績はゾロの0勝2001敗
三刀流のときに口に咥える刀

 

三代鬼徹(さんだいきてつ)

●初登場 :11巻 97話〝三代鬼徹〟
●入 手 :11巻 97話〝三代鬼徹〟
●名称発覚:11巻 97話〝三代鬼徹〟
●作者発覚:955話〝閻魔
●作 者 :天狗山 飛徹
●位 列 :業物(妖刀)
●持ち主 :ゾロ ← いっぽんマツ

●解 説 
鬼徹一派の刀は全て妖刀で、鬼徹を腰にすることで名だたる剣豪が悲運の死を遂げたという代物
ローグタウンのいっぽんマツの店で一本5万べりーで投げ売りされていた
普通は100万はする品とのことだが、それでも安い
二代鬼徹は古徹の打った大技物、初代鬼徹が鬼徹の打った最上大技物

 

雪走(ゆばしり)

●初登場 :11巻 97話〝三代鬼徹〟
●入 手 :11巻 97話〝三代鬼徹〟
●名称発覚:11巻 97話〝三代鬼徹〟
●殉職時 :44巻 426話〝風待ちの船〟
●作 者 :不明
●位 列 :良業物
●持ち主 :殉職 ← ゾロ ← いっぽんマツ
●殉 職 :サビサビの実の能力者シュウによって粉々に

●解 説 
造りは黒漆太刀拵、刃は乱刃小丁字の良業物50工の一振り
鬼徹の呪いと自分の運のどちらが強いか試したゾロの心意気に惚れ込んだ武器屋の主人いっぽんマツが、店の最高の刀である雪走を「もらってやってくれ」と鬼徹と一緒にゾロに譲った
エニエスロビーでの戦闘中にサビサビの実の能力者シュウにサビサビのボロボロにされてしまう
現在はスリラーバーグのルンバー海賊団の墓の横に眠る

 

秋水(しゅうすい)

●初登場 :47巻 456話〝氷の国から来た魔人〟
●入 手 :48巻 467話〝海賊ゾロvs侍・リューマ〟
●名称発覚:48巻 462話〝オーズの冒険〟
●作 者 :不明
●位 列 :大業物
●持ち主 :ワノ国 ← 光月日和 ← ゾロ ← リューマのゾンビ ← モリア一味 ← リューマの墓 ← リューマ

●解 説 
刃は黒刀乱刃、大逆丁字の大技物21工の一振り
かつてワノ国の侍、剣豪リューマが竜を斬ったという伝説の名刀
モリア達が墓荒らしをし、リューマの遺体とともに奪い去っていた
そのリューマのゾンビ(ブルックの影入り)との勝負に勝ってゾロが譲り受ける
しかし、刀神様として祭られていたワノ国の神器であることから、光月日和が父おでんから受け継いだ名刀〝閻魔〟と交換することに

 

閻魔(えんま)

●初登場 :955話〝閻魔〟
●入 手 :955話〝閻魔〟
●名称発覚:953話〝一度狐〟
●作者発覚:955話〝閻魔〟
●作 者 :霜月 コウ三郎
●位 列 :大業物
●持ち主 :ゾロ ← 光月日和 ← 光月おでん

●解 説 
日和が父おでんから譲り受けた名刀でカイドウに唯一傷をつけたという伝説の刀
地獄の底まで切り伏せると言われる
持ち主の流桜(覇気)を勝手に放出し必要以上に斬るため、妖刀と理屈は同じで弱い者には扱えない
どんな刀も黒刀に成り得るが閻魔はまだ成っていない
譲り受けたゾロ次第で〝位列〟も上がるとのこと、つまり黒刀になったとき、最上大技物になり得る大技物21工の一振り

-

Copyright© ONE PIECE 悪魔の実とかのINDEX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.