悪魔の実 個別

スナスナの実の能力と技とエピソード

更新日:


(画像引用:20巻 177話〝3000万vs8100万〟)

●能力者:クロコダイル
●二つ名:サー・クロコダイル(敬称)
     Mr.0(コードネーム)
●年 齢:46歳 ← 44歳
●身 長:253cm
●誕生日:9月5日
●血液型:S型(O型)
●出 身:偉大なる航路(グランドライン)
●所 属:ダズと行動を共にしている
  脱獄)インペルダウン(LEVEL6 無限地獄)
   元)バロックワークス(社長)
   元)王下七武海
●懸賞金:8100万ベリー
    ※七武海加入前の懸賞金なので、現在は上がっている可能性が高い

スナスナの実の特徴

  • 全身が砂そのものになる
  • 物理攻撃無効
  • 水などの液体がかかると固形化し、物理攻撃が有効となる
  • 攻撃するもの自体が濡れている場合でも実体を捉えられてしまう
  • 右手であらゆる物(生物も石も土も)から水分を吸収し、乾きを与えることが出来る
  • 砂嵐を起こせる
  • 砂となって飛行も可能

スナスナの実の能力を使った代表的な技

砂漠の宝刀(デザート・スパーダ)

砂の斬撃を飛ばす。
その威力は砂漠をも割るほど。
(20巻 178話〝LEVEL.G・L(グランドライン)〟参照)
 

砂漠の向日葵(デザート・ジラソーレ)

砂漠の地下水脈のあるところを感知し、そこをデザート・スパーダで斬って流砂を生じさせる。
砂漠での戦闘限定の技。
(20巻 178話〝LEVEL.G・L(グランドライン)〟参照
 

三日月形砂丘(バルハン)

相手に向かって右腕を三日月状に振り下ろし、その砂の腕で触れた部位の水分を吸い取ってミイラ化させる。
水分を吸い取られるのは、三日月状の腕の内側に包まれた感じの所だと思われる。
(20巻 178話〝LEVEL.G・L(グランドライン)〟参照
 

砂嵐(サーブルス)

人工的に砂嵐を起こす。
大きく育つとクロコダイル自身にも止めることは出来ない。
(20巻 178話〝LEVEL.G・L(グランドライン〟参照)
 

干割(グラウンド・セッコ)

大地に乾きを与え、ひび割れを起こさせる。
(22巻 201話〝ニコ・ロビン〟参照)
 

侵食輪廻(グラウンド・デス)

グラウンド・セッコに続く技で、おそらく地表を砂に還す。
(22巻 201話〝ニコ・ロビン〟参照)
 

砂嵐(サーブルス) 重(ペサード)

砂嵐を圧縮して、砂の重みで押し潰す。
(23巻 209話〝越えて行く〟参照)
 

砂漠の黄金宝刀(デザート・ラ スパーダ)

デザート・スパーダの凄い版みたいな感じの技。
(23巻 209話〝越えて行く〟参照)
 
 

 

スナスナの実エピソード

ルフィが初めて徹底的に戦ったロギア系の能力者がスナスナの実の能力者、サー・クロコダイルです。

最終的にルフィが勝利を収めましたが、その前に2度も敗北してるんですね。
(20巻 179話〝決戦はアルバーナ〟22巻 201話〝ニコ・ロビン〟参照)

覇気というものをそもそも知ってさえいなかった当時のルフィからすれば、実体が自然物となるロギアの能力は攻略不可能でしたが、水分を吸収すると固まるという砂の特性に気付き、攻撃を可能としたのでした。
(20巻 179話〝決戦はアルバーナ〟22巻 199話〝HOPE〟204話〝RED〟参照)

この水分により、ロギアであるにも関わらず物理攻撃が可能となってしまう事は、スナスナの実の大きな弱点とも言えます。

しかし、アラバスタでルフィに最終的に敗れはしたものの、砂漠での戦いはスナスナの実の能力者にとって大きなアドバンテージです。
(23巻 209話〝越えて行く〟参照)

だからこそクロコダイルは、プルトンという古代兵器が眠っている可能性だけではなく砂漠の国でもあるアラバスタを乗っ取り、そこを拠点に強大な軍事国家を築き、海賊王となる礎にしようとしたのではないでしょうか。
(21巻 193話〝理想郷〟参照)
 

-悪魔の実 個別

Copyright© ONE PIECE 悪魔の実とかのINDEX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.