悪魔の実 個別

ガスガスの実の能力と技とエピソード

更新日:

(画像引用:69巻 681話〝ルフィvs.M(マスター)〟)

●能力者:シーザー・クラウン
●二つ名:M(マスター)
    〝ギャングスター〟ガスティーノ(自分でつけた)
●年 齢:40歳
●身 長:309cm
●誕生日:4月9日
●血液型:X型(A型)
●出 身:偉大なる航路(グランドライン)
●所 属:元)世界政府 科学班(No.2)
●懸賞金:3億ベリー

ガスガスの実の特徴

  • 全身がガスそのものになる
  • 物理攻撃無効
  • ガスになれるので空は自在に飛べる
  • ガスを放出できる
  • 毒ガスをつくれる
  • 燃焼系のガスを発生させ火をつける事で爆発を起こす
  • 空気中の酸素濃度の調整ができる

ガスガスの実の能力を使ったシーザーの技

ガスローブ

毒ガスを発生させ、敵を巻き付けるように覆いこむ。
(68巻 671話〝ガスガスの実〟参照)

ガスタネット

可燃性のガスを充満させ、火花などを散らすことで爆発を起こす。

爆発のきかっけはカスタネットを鳴らすことで、サラサラの実モデルサラマンダーを食べた有毒ゲル状ガスのスマイリーの欠片を利用することで、その爆発の規模を大きくできる。
(68巻 671話〝ガスガスの実〟参照)

無空世界(カラクニ)

一定範囲の空気中の酸素濃度を下げることで、その範囲にいる者は呼吸ができなくなってしまう中々恐ろしい技。
(68巻 671話〝ガスガスの実〟 69巻 681話〝ルフィvs.M(マスター)〟参照)
 

スポンサーリンク

燃焼系 ミオークGAS(ガス)

マッチを擦り、その周囲に可燃性ガスを発生し爆発を起こす。
(69巻 681話〝ルフィvs.M(マスター)〟参照)

青炎剣(ブルーソード)

無空世界(カラクニ)で奪った一定範囲の酸素を集めて燃やし、青い炎の剣をつくり出す。

これで斬られたものは燃え斬れる。
(69巻 681話〝ルフィvs.M(マスター)〟参照)

ガスティーユ

口を大きく開き、レーザー風な攻撃を放つ。

部下が「鉄を溶かすガスバーナー」と言っていることからも、作中ではレーザー光線のように一瞬の事だったが、継続的に燃焼させ続けられるものと思われる。
(69巻 690話〝S A D(エスエーディー)〟参照)

シノクニを取り込む

技名はない。

シーザー自身が創り出した殺戮ガス〝シノクニ〟を自分に取り込んで巨大化。

シノクニと化した自身のガスを自在に操り、ガスを浴びせた対象の神経に急速に働きかけ、皮膚が硬化し、全く動けなくなり死に至る。
(70巻 691話〝死の国の王〟参照)

 

ガスガスの実エピソード

マッドサイエンティスト、マスター・シーザー・クラウンのガスガスの実は10番目に登場したロギア系(自然系)の能力です。

ロギアですが、能力者のシーザー自身が大して強くないことから、最終的にはルフィに圧倒されましたが、本来、科学者というシーザーの素の能力と相まって、なかなか強力な力があります。

実際、ルフィは一度、周囲の酸素を奪われて窒息し、シーザーに敗れていますからね。

ただ、酸素濃度を下げるのは一定エリアに限られていますが、このエリアを広げる事が出来ればかなり強力です。

さらには燃焼系のガスを使っての爆発的な攻撃、毒ガスでの攻撃と、応用次第でとんでもなくなりそうです。

もし、ロギアにも覚醒の概念があるのならば、ガスガスの実で覚醒すれば、どえらい事になりそうです。けど、能力者がシーザーなので、それはなさそう・・

-悪魔の実 個別

Copyright© ONE PIECE 悪魔の実とかのINDEX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.