悪魔の実 個別

ヌイヌイの実の能力と技とエピソード

更新日:

(画像引用:71巻 711話〝小人の国の冒険〟)

●能力者:レオ
●二つ名:無し
●年 齢:25歳
●身 長:23cm
●誕生日:7月24日
●血液型:S型(O型)
●出 身:偉大なる航路(グランドライン) 新世界 グリーンビット トンタッタ王国
●所 属:トンタッタ海賊団(船長)
     麦わら大船団(5番船船長)
     トンタッタ族 トンタ兵団(兵長)
●懸賞金:無し

ヌイヌイの実の特徴

  • なんでも縫い付けることができる
  • 縫い付けられても痛くない

ヌイヌイの実の能力を使ったレオの技

奇術〝ぬいぬい〟の力

技の名前というか、この能力の全て。

ロビンを拘束したときは、ロビンと地面を縫い付けた。
軍艦などの鋼鉄でも縫い付け可能。
(71巻 711話〝小人の国の冒険〟参照)

高級仕立(オートクチュール) パッチ★ワーク

パッチワークとは、布片を縫い合わせて大きな1枚の布を仕立てることだが、この技は多数の人間を繋ぎ合わせて捕縛する。
(77巻 774話〝トンタッタ族戦士長レオ〟 80巻798話〝ハート〟参照)

ヌイヌイの実エピソード

レオ自身は自らの能力を「奇術〝ぬいぬい〟の力」と言っていますが、これはヌイヌイの実の能力であることは明らかで、裏付けも出ました。
(71巻 711話〝小人の国の冒険〟 ONE PIECE magazine vol.1〝悪魔の実大全〟参照)

これは、ワノ国の人が悪魔の実の能力のことを〝妖術〟や〝術〟や〝忍法〟というのと同じことですね。
(67巻 663話〝CC〟 91巻 921話〝酒天丸〟 93巻 933話〝武士の情け〟参照)

レオはヌイヌイの能力を使うとき「ぬいぬいぬいぬい」と発することもあり、とてもカワイイです。
(77巻 774話〝トンタッタ族戦士長レオ〟参照)

海賊となり、麦わら大船団の一角となったレオたちトンタッタ族のトンタ兵団ですが、今後、歴史に名を残す「一大事件」を引き起こします。
(80巻 800話〝子分盃〟参照)

レオ自身は小人なので小柄ですが(思ったよりは大きかった)、パワーは人以上にあり、スピードは相当なもの。

ぬいぬいの力は戦闘面のサポートでは大きく役立つことでしょう。

ただ、捕縛するという意味では、海軍のヒナのオリオリの実の方が能力的に上に思えます。

ヌイヌイの糸は切ることが可能そうですが(武装色の覇気を纏わせれば解決?)、オリオリは早々壊せそうにありません。

ただ、ヌイヌイに出来て、オリオリに出来ないことはありますので、オリオリの実がヌイヌイの実の上位種ということはないでしょう。

●悪魔の実の互換性についてはこちらをご覧ください。
悪魔の実の上位互換に下位互換を紹介&考察

-悪魔の実 個別

Copyright© ONE PIECE 悪魔の実とかのINDEX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.